楽天カードとEdyが使えるなら、キャンペーン次第で使い分けよう!【おいしいとこどり】

楽天カードとEdyが両方使える店って結構多いです。そんなとき、どちらか一方に絞りこまず、キャンペーン開催によって変えると、楽天ポイントが貯まるスピードがアップします。

>>楽天カードの発行でもらえるポイントをチェック

通常時はEdyでもカード払いでもポイント還元率は同じ1%

楽天カードとEdyは、通常時のポイント還元率は1%で同じです。

  • 1%・・・楽天カードで町で買い物
  • 0.5%・・・楽天カードでEdyへチャージ
  • 0.5%・・・Edyで買い物

楽天カードからチャージしたEdyで買い物するなら、0.5%+0.5%で合計1%。

オートチャージが設定できて便利ですが、どっちも通常時はお得ではありません。

通常時にEdyへのチャージなら、リクルートカードを使ったほうがポイント率は0.7%もお得です。

リクルートカードなら電子マネーで1.7%のポイント還元

Edy払い、楽天カード払い、キャンペーンによって変えるべき

楽天Edyと楽天カードを両方持っていたり、一体型になっているときは、キャンペーンをよくチェックすると、おいしい支払方法を選択できます。

キャンペーンの具体例を確認してみましょう!

楽天カードで町の買い物がポイント2倍

コンビニでもスーパーでもポイント2倍です。使える店舗に制限がないので、どこで買ってもOK。

楽天カードのポイント還元率は通常1%なので、お得度は普通。でも、還元率2倍ならダントツでお得なカードに早変わりします。

ポイント2倍キャンペーンは不定期なのがデメリットですが、2倍の期間も1ヵ月と長いのもうれしいです。

誕生日月にポイント1.5%になるライフカードと似ていますね。


楽天カード

毎月の楽天ポイントからEdyへのチャージキャンペーン

毎月やっているのが、楽天ポイントからEdyにチャージするキャンペーン。

ポイントをチャージするだけで2%分をもらえます。楽天カードからのチャージでは通常0.5%なので、お得度が4倍です。

Edyを使ったときのポイント0.5%は別なので、合わせて2.5%のポイント還元率です。

楽天カードからのEdyチャージは不定期開催

楽天カードからEdyにチャージすると、ポイントがアップするキャンペーンも不定期で開催されます。

楽天カードからEdyへのチャージは通常は0.5%ですが、ときどきチャージ額に応じてポイントがもらえます。

1万円で1300pなので、還元率13%の出血大サービス!

これだけでも十分お得なのですが、Edyを普段使わないなら、Edy利用のキャンペーンを狙って待つのもアリです。

楽天カードもEdyも使える店は多い

最近は、クレジットカードと電子マネーの両方に対応している店が多いです。

もし、普段使っているお店が楽天カードもEdyも両方使える場合、キャンペーン次第で支払方法を変えると、ポイントの貯まるスピードがアップします。


楽天カード

楽天Edyと楽天カードが両方使えるとき、まとめ

最近は、クレジットカードも電子マネーも使えるお店が多いです。

一体型の楽天カードを持っているなら、キャンペーンによって、Edy払いかカード払いかをキャンペーンによって使い分けましょう。