自動車税を払わないといけない5月。普通に現金で払ってもいいですが、自動車税はそれなりに高額なので、楽天カードユーザーとしては楽天ポイントを稼ぎたいところ。2018年はキャンペーンやってるかリサーチしました。

2018年、楽天カードで自動車税を払うキャンペーン、エントリーは早期終了?

2018年の楽天カードの自動車税キャンペーンは、これからエントリーすることはできないようです。

去年のキャンペーン

2017年は、自動車税のキャンペーンをやっていました。

ヤフー公金支払いで、楽天カードを使って自動車税を払うと、1/3の確率で楽天ポイントが1000pもらえるキャンペーンでした。

普通車だと、3-4万円の自動車税が多いので、ヤフー公金に手数料324円払っても1%のポイント還元でプラマイゼロ。1000pもらえたらラッキー。

絶対に損しないキャンペーンだったので、参加した人も多かったはずです。

2018キャンペーン、エントリーは締め切った模様

2017年のキャンペーンは、4月中頃からのエントリー開始でした。

いろいろ検索してみたところ、2018年も4/16からキャンペーンのエントリーが始まっていたようです。

  • 2人に1人の確率で500ポイントがもらえる
  • 事前エントリーが必須
  • エントリー開始は4/16(月)0:00スタート

2018年は4月下旬に確認しても、エントリーできるキャンペーンに自動車税の案件が見当たりません。

残念ながら、2018年は楽天カードの自動車税キャンペーンはすでに締め切ってしまったようです。

早い段階でたくさんのエントリーがあって、5月になる前に締め切ってしまったのでしょう。

2018年、楽天カードのキャンペーン受付終了!どうする?

楽天キャンペーンがない(早期エントリー受付終了)で、2018年の自動車税はどう払ったらいいのでしょうか?

楽天銀行のペイジーでポイントをもらう

楽天銀行を持っている人なら、自動車税を楽天銀行のペイジーで払うといいです。

楽天銀行のランクによって、楽天ポイントが1-3pもらえます。

楽天カードのキャンペーンの500pに比べると、だいぶポイント数が少ないですが、何もポイントがつかないよりはマシだと考えましょう!

お金を使わずに会員ランクをアップさせるために、楽天銀行は便利です。

楽天とは別のキャンペーンを使う

楽天は、早々に締め切ってしまいましたが、5/31の納期限までに参加が可能な別のキャンペーンならまだあります。

楽天のキャンペーンは確率50%でしたが、イオンカードなら応募者全員に500ポイント(500円分)です。

仮にイオンカードで他に買い物しなくても、500ポイントもらえれば、ヤフーに払う決済手数料以上のリターンが必ずもらえるので、リスクゼロ。

また、イオンカードは1-2週間で受け取れるので、早く申し込めば5月末までに間に合わせることも可能。

ポイントサイト経由でゲットすれば、計2000円分のポイントが一瞬で手に入ります。


>>モッピーでイオンカードをチェック

nanacoを使う

nanacoなら自動車税を払えるので、nanacoへのクレジットカードからのチャージでポイントを貯めることが可能です。

ただ、楽天カードからのチャージがポイント付与対象外になったので、nanacoを使う気にはならない楽天ポイント信者が多いでしょう。

現金やATMやペイジーで払う

キャンペーンがないなら、いろいろ検索して探すよりも、現金でサクッと払っちゃってもいいですね。

手軽さを考えたら、これが一番簡単ですし。

Tポイントを消化する

Tポイントが余っている人もいるでしょう。特に期間固定Tポイントは、使い道が少なくて困ります・・・。

自動車税なら、期間固定Tポイントも使えるので、この機会に消化するのがいいのもいいですね。

楽天ポイントは別のところで貯めていきましょう!

2018年の楽天カードの自動車税キャンペーン、まとめ

2018年は、楽天カードで自動車税を払うと抽選でポイントがもらえるキャンペーンはすでに受付終了したようです。

楽天ポイントを貯めるチャンスはなくなったので、諦めるか別のポイントを貯めたり使ったりするか、どっちかですね。