ダイコクドラッグのポイントを効率的に貯める方法を紹介します。店員が声を張って、活気があるダイコクドラッグ。ポイントを貯める方法は大声で教えてくれないので、この記事でチェックしてくださいね。

ダイコクドラッグでお得にポイントを貯める方法

ダイコクドラッグでポイントを貯めるには、毎月のイベントとポイントカードを使うことが重要です。

DD楽天ポイントカード

ダイコクドラッグのポイントカードは楽天と提携しているDD楽天ポイントカードです。

作り方・登録方法

DD楽天ポイントカードは、ダイコクドラッグのレジに置いてあります。

レジで「ポイントカードください」といえば、その場でもらえます。

公式サイトでは、上のポイントカードが例として載っています。

いろんな種類のDD楽天ポイントカードがあるのですが、どれも評判はよくないです。

人に見せるのがちょっと恥ずかしいカードのデザイン(笑)。
特に、彼女や奥さんに見られたら、怪しまれそうです。

DD楽天ポイントカードは、紙に書くか、ウェブサイトで個人情報の登録をすることで、楽天との紐づけをします。

通常の特典は2つ

DD楽天ポイントカードを持っていると、通常の特典が2つあります。

  1. 医薬品と健康食品がいつでも5%オフ
  2. 楽天ポイントが200円で1ポイント付く

毎月3日と20日はポイント5倍

楽天ポイントの通常のポイント付与率は0.5%なので、正直イマイチです。

ただ、毎月3日と20日に楽天ポイントが5倍の2.5%になります。

通常営業日よりも10日

毎月10日は、ポイント的には通常営業日と同じ0.5%です。

でも、ほとんどの商品が5%オフになります。

  1. 10日の5%オフ&0.5%ポイント還元
  2. 3日と20日の2.5%ポイント還元

冷静に考えると、10日が一番お得です。

ダイコクドラッグでの優先順位は10日が一番高いことは覚えておいてくださいね。

別の楽天ポイントカード

ダイコクドラッグのDD楽天ポイントカードを作らないで、普通の楽天ポイントカードを使うことも可能です。

普通の楽天ポイントカードだと、10日以外の通常営業日は医薬品や健康食品が5%オフになりません。

この点だけ、DD楽天ポイントカードより不利です。

これでデメリットを感じないなら、今持っている楽天ポイントカードを使うのもアリです。

ダイコクドラッグで楽天ポイントカードを使うときの注意点

ダイコクドラッグで楽天ポイントカードを使うとき、注意したほうがいい点がいくつかあります。

間違いやすい注意点を2つ紹介します。

割引&ポイントなし

ポイントカードを忘れると、5%オフも受けられず、楽天ポイントももらえません。

楽天カードや楽天Edyは使えない

楽天ポイントカードでポイントを貯める仕組みを採用していますが、支払いは現金か楽天ポイントの利用のみです。

同じ楽天ですが、楽天カードや楽天Edyで支払うことはできません。

ダイコクドラッグで使うための楽天ポイントを貯めよう

楽天ポイントは、ダイコクドラッグで1ポイント1円として使えます。楽天ポイントは簡単にポイントが貯まるので、よそで貯めてダイコクドラッグで使うのも賢い方法です。

例えば、一切お金を使わずに楽天ポイントを貯める方法。

楽天のイベントを利用して、ポイントを一気に貯める方法。

楽天ポイントは工夫次第で、たくさん貯まります。

5%オフの10日に、欲しかった化粧品を楽天ポイントで買えます!

ダイコクで買い物したレシートでポイントを貯めよう

楽天ポイントじゃないですが、ダイコクドラッグで買い物したレシートを送ると、商品代金をポイントでもらえるサービスがあります。

案件は毎日のように変わりますが、例えばこんなもの。

写真のようなお菓子や日用品に加え、お酒や健康食品など、いろんな案件があります。

ダイコクドラッグじゃないところで買ってもいいですが、10日の5%オフ、月2回の楽天ポイント5倍イベントと併用可能です。

レシートを送ってポイントを獲得できる案件、ポイントサイトの「モッピー」で取り組めます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
↑ポイントサイト「モッピー」

モッピーでは、お小遣いが稼げるので、こちらの記事も参考にしてくださいね。

ダイコクドラッグでポイントを貯める、まとめ

ダイコクドラッグでは、楽天ポイントが貯まります。楽天ポイントを貯めるよりも10日の5%オフのほうが得です。

また、別のところで楽天ポイントを貯めるほうが簡単だったりします。