楽天Edyへのチャージするキャンペーン!ドカンと上限までやるべき2つの理由!

楽天のキャンペーンをチェックしていると、楽天Edyへのチャージで楽天ポイントがもらえるキャンペーンも開催されています。

電子マネーで買い物しない派だったりするとキャンペーンを見送りがちです。

でも、Edyチャージのキャンペーンは、絶対参加しておいたほうがいいです。

楽天Edyへのチャージキャンペーンの内容

一つ、楽天Edyへのチャージでポイントがもらえるキャンペーンの例を紹介します。楽天カードにEdyが付いている定番カードを持っている人が対象です。

チャージ1000円につき100p、楽天e-naviを使ってチャージすると300p。1万円のチャージで1300pが付くので還元率13%

チャージで、ポイントが10%以上もらえる電子マネーはほかにはないと思います。

大盤振る舞いのキャンペーンには、ぜひ乗っかっておくといいです。

Edyのキャンペーン時に上限までチャージすべき理由2つ

Edyチャージのキャンペーンが開催されていたら、ポイントが付く最大限の金額を迷わずチャージするのがオススメです。

猛プッシュするのには、2つ理由があります。

通常時のポイント還元率がショボい

買い物でEdyを使うのは、小銭の出し入れをしない便利さがある一方、楽天カードからのチャージは還元率が低いです。

  • 0.5%・・・楽天カードからEdyにチャージ
  • 0.5%・・・楽天Edyでの買い物

楽天カードでクレジット決済した場合は還元率1%。

Edyもクレジットも使えるお店なら、わざわざEdyに楽天カードでチャージするメリットがないのです。

だからこそ、キャンペーン時にドカンとチャージするのが余計においしいと感じます。

通常時のチャージでお得なのはリクルートカードです。月額3万円の上限があるので、Edyをたくさん使うなら、別のカードで補う必要はありますが。

Edyから楽天ポイントに交換してもいい【電子マネー使わない人】

紛失したら、簡単に使われてしまうので、Edyなどの電子マネーを使わないタイプの人もいるでしょう。

でも、チャージするだけで13%もお金が増えるチャンス。捨ててしまうのはもったいない。

Edyにチャージしてキャンペーン条件を満たしたら、楽天ポイントに交換しましょう!(キャンペーン内容はチェックした上で)

交換受付後すぐに楽天ポイントに切り替わるので、一瞬だけEdyに入ってもすぐに空っぽにできます。

6ヵ月の期間限定ポイントなので、使い忘れないように注意する必要はありますが。

楽天Edyへのチャージキャンペーン、まとめ

楽天Edyにチャージするとポイントが大量にもらえるキャンペーンがあったら、参加するとお得です。

もし、Edyを使わないなら、楽天ポイントに戻してネットでの支払いに使うといいでしょう。