買取一丁目で買い取ってもらったときのレビュー!買取価格はネット通り?即金?

池袋にある買取一丁目で、ニンテンドースウィッチを買い取ってもらいました。即金なのか、レシートが出るのか、買取価格は公式サイトの価格どおりなのか、レビューします。

買取一丁目のレビュー!即金、レシートなし

買取一丁目でニンテンドースウィッチを買い取ってもらいましたので、そのときのレビューを書きます。

受付は日本語が上手な中国人女性

買取一丁目に入って、「ニンテンドースウィッチを買い取ってほしいのですが」と言うと、「申込用紙に記入してください」と案内されました。

  • 名前
  • 住所
  • 誕生日
  • 電話番号

これらを記入します。

買い取る商品名や個数やカラーなども記入するのですが、自分で記入してよいかわからなかったので、記入せずにいました。

そしたら、「商品にはニンテンドースウィッチと書いてください」「カラーはネオン」などと指示を受けながら埋めていきました。

公式サイトに書かれている価格通りに買い取ってくれる

中身がそろっているか、箱を開けて確認はしていましたが、電源を入れるなどの細かいところまではチェックしていませんでした。

後日、専門の人がチェックして、問題があれば、申込書に記載した電話番号に連絡がくるんでしょうか???

受付の人も買取一丁目のサイトで買取価格をチェックしていたので、よほど箱がボロボロとかじゃなければ、買取価格は公開している価格どおりなんじゃないかと思います。

おつりを持っているか聞かれる

今回、ニンテンドースウィッチ2台で買取価格は55800円でした。

普通だったら、ぴったりの金額を出してくれるところ、受付の人に聞かれたのが、「4200円持っていますか?」

一切お金を持っていなかったので、「お金ないです」って言ったら、ぴったりの金額を持ってきてくれました。

ただ、小銭のストックがないのか、800円の内訳は、100円×6、50円×4でした。

細かい小銭がイヤな人は、あらかじめおつりを自分で準備していくといいでしょう。

領収書みたいな控えの書類はない

申込書に記入して最後に承諾のサインをしたら、その申込書は買取一丁目に保管されます。

リサイクルショップだと、「~円で買い取りました」って書いてある証明書みたいなものをもらえますが、買取一丁目ではもらえません。

もし、何らかの記録を残したいなら、申込書を撮影させてもらって写真で残しておくのがいいと思います。

ダンボールは引き取ってくれない

今回、ニンテンドースウィッチ1台ごとに、楽天の段ボールに入れて買取一丁目に持ち込みました。

できれば処分してほしかったのですが、段ボールは持ち帰るように言われました。

特に捨てられる場所もないので、ちょっと困りました。

買取一丁目で買取依頼していた他の人の話

自分以外にも買取一丁目で買い取りを依頼している人がいました。実際に行ってみるまでは、どんな人が来るんだろうって自分も気になっていたので、ここで紹介します。

スマホ30台を持ち込んだ男性会社員

翌日にならないとネットワーク制限が解除できないスマホを30台持ち込んだ人がいました。

スーツ姿の30代くらいの男性で、首から社員証をぶらさげていました。

会社の登記簿を持ってきていたので、会社の仕事として買い取りをしてもらっているようです。

ネットワーク制限が解除されていないため、買取価格が1台3000円くらい低く、「明日には解除されるからもっと高くならないか?」と買取一丁目のスタッフに交渉していました。

が、上乗せにはならず、仕方ないかって感じで承諾のサインをして、「明日、振り込んでくださいね」って言って立ち去りました。

個人的には、30台もどこから仕入れたんだろうってのが疑問でした。

持ち込んでいた段ボールに書いてあった「UN3481」は、リチウム電池の製品を海外に発送するときに使う表記らしいので、海外から安く仕入れたんでしょうか???

平日の昼間でもけっこう買取希望者がいる

木曜日の12時半頃に、池袋の買取一丁目に行ったのですが、自分以外に3人の買取希望者がいました。

平日の広間でも、常にだれかしら買い取りの依頼をしている感じなんでしょうか?

  • スーツ姿の30代男性
  • 30代の妊婦

買取一丁目で見かけたのはこんな人でした。

ネットで買取価格を調べていたら、買取一丁目が高いことを知った人が来ているんでしょうかね???

まとめ

買取一丁目でニンテンドースウィッチを売ったときの感想を書いてみました。ネットで価格を公開していて、その価格通りに買い取ってもらえるので、なかなか便利な存在だと感じました。

余っている楽天ポイントを実質100%で現金化できたので、これからも楽天ポイントの現金化でお世話になろうかと思っています。