自営業に重くのしかかるのが、国民健康保険料と国民年金保険料です。年金はあとでもらえるからいいけど、健康保険料はたくさん払っても得するものじゃないので、減らしたいものです。儲かっていない自営業ならなおさら。そんなときは給料をもらいましょう。

自営業の国民健康保険料と国民年金保険料の金額はいくら?

サラリーマンなら給料から社会保険料を天引きしてくれますが、自営業の場合は自分で国民健康保険と国民年金を払います。

国民健康保険料

病院で自己負担を3割にしてもらうには、国民健康保険料を払わないといけません。

この健康保険料は、市区町村によって金額が微妙に違いますが、家族の人数や所得に応じて、年額9-85万円くらいの負担額です。

知り合いの自営業者に「年に1-2回しか病院に行かないから、健康保険料を払うと安い」と健康保険料を払っていないツワモノもいますが(笑)。

国民年金保険料

国民年金保険料は一律で、だいたい年額は20万円。月1.7万円くらいの負担です。これが結構大きいです。

自営業者の合計額

国民健康保険料と国民年金保険料を合わせて年30万円以上払っている自営業者が大半です。

ただでさえ不安定な自営業なのに、定額で健康保険と年金が持って行かれるのはツライ。

所得税や住民税は経費を入れて少なくすることもできますが、一律の国民年金なんかはどうにもなりません。

辛いですよね。

自営業はちょっと給料をもらうと社会保険料が楽になる

自営業で国保と年金が苦しい人は、社会保険に切り替える方法を検討してみてはどうでしょうか?具体的には、給料をもらって、会社の社会保険に入れてもらいます。

社会保険料なら月1.1万円くらいの自己負担

自営業の収入とは切り離して、勤務先からもらう給料に応じて天引きされる社会保険料が決まります。

給料が多ければ社会保険料が高くなる仕組みです。

5.8万円以下の給料で、従業員1.1万円で会社1.1万円の計2.2万円の社会保険料の負担となります。

2.2万円×12=26万円。国民健康保険料と国民年金保険料よりも安いです。

バイトでも法人化でもいい

社会保険に加入する方法は2つあります。アルバイト等で他人に雇ってもらう方法、自分で会社を作る方法です。

費用や維持費を考慮すると、自分で会社を作るのはハードルが高いです。

友達や親族が会社を経営しているなら、そこに入れてもらうのが一番いいですね。もちろん給料をもらう分だけ働いて奉仕しないといけませんが。

自営業が儲かっても社会保険料は関係ない

安い給料をもらって社会保険に加入するのは、将来的に自営業で稼げるようになったときに、もっとメリットが出ます。

国民健康保険料は自営業が儲かればその分高くなりますが、社会保険料は給料だけで決まりますので、自営業でいくら儲かっても関係ありません。

早く自営業で儲けたいですね!

自営業と国保と年金、まとめ

自営業で国民健康保険料と国民年金保険料がきついって人も多いです。自分もそう。

自分の気持ちだけでなんとかできる問題ではありませんが、もし友達や親族にコネがあるなら、少し給料をもらって社会保険に加入してもらうのがいいです。