ペイジーでポイントを貯める方法をスクショで説明しています。ペイジーで初めて税金や公共料金を払ってみようって人に役に立つはずです。

ペイジーでポイントは貯まるのはウソとホントが半分ずつ

ペイジーを使ってポイントが貯まるっていうのは、ウソのようなホントの話です。

ペイジー自体にポイントは貯まらない

公共料金や税金から電話代金など、ペイジーは幅広い支払いに対応しています。

ただ、ペイジー自体にはポイントプログラムがありません。

ポイントを貯めるなら、ATMやネットバンクでペイジーに対応している銀行のポイントプログラムを利用することとなります。

銀行によってはポイントが貯まる

銀行によっては、ペイジーの利用でポイントが貯まるところもあります。

例えば、これから例を示す楽天銀行だと、ペイジー1件につき楽天ポイントが1~3p付与されます。

楽天銀行ペイジーでポイントが貯める実践レビュー

楽天銀行でペイジー払いをやったので、流れを一緒に追いかけて、ポイントが貯まる仕組みをチェックしましょう。

住民税で実践レビュー

今回、楽天銀行アプリから住民税の支払いをペイジーでやってみます。

管理人は楽天銀行のVIP会員なので、ペイジーで税金を払うことで楽天ポイント3pをゲットです。

4つの番号を確認する

楽天銀行に限らず、ペイジーでは4つの番号を使って支払手続をします。

  1. 収納機関番号・・・5桁
  2. 納付番号・・・12桁(4×3)
  3. 確認番号・・・6桁
  4. 納付番号・・・3桁

さいたま市の住民税の納付書だと、左上のところに書かれています。

もし、納付書や請求書に番号の記載がないときは、ペイジーに対応していないってことです。

番号を入力する

楽天銀行アプリでも、4つの番号を入力します。単純です。

ペイジーの場所が一番難しい

楽天銀行アプリでペイジーをやろうと思って、一番難しいのは、ペイジーをどこからやるのか分かりにくいことです。

「サービス一覧を見る」→「サービス一覧」→「出入金・振込」の順に進むと見つかります。

暗証番号も入力する

4つの番号と暗証番号を入力します。最終的に、出入金明細にペイジーで払った金額が出てくれば完了です。

ポイントが付くのは翌月にまとめて

今回のテーマの最大の関心事、ポイントがいつ付与されるのか、これは「翌月」です。

ペイジーで取引した都度じゃなく、翌月2日に1か月分のポイントをまとめて付与されます。

いくつか取引があると、どのペイジーがどのポイントかよくわからなくなります。笑

今回、住民税5,000円で3ポイントなので、ポイント還元率は0.06%。

ペイジーは、「ポイントを貯めるぞ!」って意気込んでやるものではないことがお分かりいただけたと思います。

nanacoなら還元率1%以上なので、ペイジーよりも60倍お得です!

モッピー経由で、nanaco付きカードを作れば、4,000pもらえます。(最新のポイント数はモッピーで確認してください)


>>モッピー

モッピーがよく分からない方は、こちらで運営元や仕組みや稼ぎ方をチェックしてみてください。

まとめ

ペイジーでポイントを貯めるには、ポイントプログラムがある銀行を使う必要があります。

ただ、ポイント付与率は、ものすごく低いので、ペイジーを使ってもお得とはいいにくいです。(ラクチンですが)