楽天カードを作ろうと思うときに、「楽天銀行じゃない口座からも引き落としできる?」って疑問に思いました。

ネットバンクが信用できない、楽天カードの引き落としのためだけに口座開設するのは面倒など。

結論は、楽天銀行じゃなくてもOK!

>>楽天カードを公式サイトで詳しくチェックする

楽天カードの引き落としは楽天銀行じゃなくても大丈夫

まず結論。楽天カードの引き落としは楽天銀行でも別の銀行でもいいです。

引き落とし可能な銀行が多い

楽天銀行から引き落とししてほしいって気持ちはあるんでしょうけど、強制はしていませんよ(笑)。

メガバンク、地銀信金、ゆうちょ、ネットバンクなど、幅広く該当しているので、引き落としできる銀行は公式サイトから確認してみてください。

>>楽天カードの引き落としが可能な金融機関(公式サイト)

手書きかネット申し込みか手間は違う

引き落とし口座を設定するのが、ネットからサクッとできるのか、書類に手書きしないといけないのか、ここには差があります。

一回手続きしたら、変更することは基本的にないので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

楽天銀行からの引き落としにはメリットが多いのも事実

同じ楽天なので、楽天カード代金を楽天銀行から引き落としするメリットが多いです。

毎月の引き落としで楽天ポイントが勝手に貯まる

一番のメリットはココです。

楽天カードを作る人の多くが、楽天ポイントをたくさん貯めたい人だと思います。

楽天銀行から楽天カード代金の引き落としをしてもらうことで、楽天ポイントが毎月貯まっていくメリットがあります。

毎月27日頃の引き落としで、3~9ポイントもらえます。

我が家は楽天銀行のVIP会員なので、楽天カード代金の引き落としで毎月9ポイント。

→画像

VIPといっても、そこまで大した条件でもないんですけどね(笑)。

年間108pは大したことないですが、無料でもらえるものはもらうスタンスです。

キャンペーンで楽天ポイント

楽天カードの申し込みのときは別の銀行から引き落としを設定して、あとから楽天銀行に換えるときもメリットがあります。

引き落とし口座の変更で、楽天ポイントが付与されるキャンペーンをやってます。

「楽天カードってポイントがメッチャ貯まって楽しい!」
「楽天ポイントをもっと貯めたい!」

こんなふうに気持ちが盛り上がったら、楽天銀行に引き落とし口座を変更してもいいかもしれませんね。

ちなみに、口座振替依頼書などを手書きせずに、楽天e-NAVIからサクッと変更が可能です。

おいしいキャンペーンの開催時に、すぐに変更できるのはいい点です。

キャンペーンをいろいろチェックして楽天カードを使ったら、還元率は5%くらいでした。

預金金利が2倍【大したことはない】

今のご時世、普通預金に金利はほとんど付きません。

いちおう、楽天カードの引き落としで、楽天銀行の普通預金金利が2倍になります。

2倍と聞くと、すごい感じがしますが、そうでもありません(笑)。

あまり気にしなくていいでしょう。

Edy付帯の楽天カードならチャージのキャンペーンがおいしい

楽天カードは、Edyアリとナシを選べます。

Edyへのチャージは、楽天カードを使う方法と楽天銀行を使う方法の2通りが使えると楽天ポイント的にオイシイです。

↑楽天銀行でキャンペーンをやっているときは、楽天銀行からEdyへチャージ。

↑楽天カードがキャンペーンをやっているときは、楽天カードからEdyチャージ。

参加できるキャンペーンを増やしておくことで、貯まる楽天ポイントが変わってきます。

楽天カードの引き落としは楽天銀行じゃなくてOK、まとめ

楽天カードを申し込みたくても、引き落としを楽天銀行にしたくない人もいるでしょう。

引き落とし口座は、よほどマイナーな金融機関以外なら、どこを設定しても大丈夫です。

ただ、楽天銀行からの引き落としなら、楽天ポイントや金利の面で、ほんの少しだけ有利。

大損でもないので、無理しなくてもいいと思いますが。

>>楽天カードを公式サイトで詳しくチェックする