サンドラッグではポイントカードがあるので、ポイントが貯まっていきます。ポイントの種類や支払方法など、工夫次第ではもっと効率にポイントが貯められます。

サンドラッグのポイントの種類

サンドラッグでポイントを効率的に貯めるには、まずはポイントの種類と付与率を確認しておくといいです。

全5種類

サンドラッグに関係する貯まるポイントは全5種類です。

種類 付与率 条件
サンドラッグポイント 100円で1P 現金でもカードでもOK
プレミアムポイント 100円で1P サンドラッグカード決済
クレジットポイント 200円で1P サンラッグ以外でサンドラッグカード決済
エコポイント 1回1P レジ袋をもらわない
ラブリィポイント 200円で1P ジャックスカードで払う

細かいことを言うと、電子マネーにチャージするときのポイントなども関係しますが、関係性が低いので省略します。

サンドラッグポイント

サンドラッグポイントは、買い物100円ごとに1ポイント付きます。

これは、ポイントカードの種類、支払い方法に関わらず共通です。

プレミアムポイント

プレミアムポイントは、サンドラッグクレジッポイントトカードで買い物すると、100円につき1ポイント付きます。

サンドラッグポイントと合わせて、100円で2pです。

サンドラッグクレジットポイント

サンドラッグクレジットポイントは、サンドラッグクレジッポイントトカードで他のお店で買い物したときに貯まるポイントです。

200円につき1P(還元率0.5%)。

500ポイントごとに、サンドラッグ商品券と交換できます。

写真は当選でもらった商品券です。

ラブリィポイント

ラブリィポイントは、ジャックスカードのポイントです。

サンドラッグの場合、サンドラッグクレジットポイントカードや他のジャックスカードを使って買い物すると貯まります。

ポイント付与率は200円で1p。

1000ポイント以上貯めると、交換や寄付ができます。

  • 商品券・・・Amazon、クオ、シェフグルメなど
  • マイル・・・JAL、ANA
  • ポイント・・・楽天、Tポイント、auウォレット、nanacoなど
  • 割引・・・Jデポ
  • 商品・・・カタログギフト
  • 寄付・・・赤十字、ユニセフなど

エコポイント

エコポイントは、サンドラッグでレジ袋をもらわなければ1ポイントもらえます。

100円の買い物をするのと同じなので、バカにできません。

ポイント上限2.5%、別のポイントなら還元率13%?

サンドラッグカードを使うと、1%+1%+0.5%で合計2.5%。ポイントが2%以上貯まるお店は少ないので、お得な気がします。

でも、電子マネーもクレジットカード払いも対応しているサンドラッグなら、楽天ポイントを貯めたほうがいいです。

楽天の電子マネー「Edy」での支払い、楽天カードのクレジット払い、これらを対象としたキャンペーンが毎日のように開催されています。

  • 楽天カード払いで2%
  • Edyへのチャージで13%、Edyの利用で0.5%、合計13%

サンドラッグ以外にも、町やネットで買い物するなら、サンドラッグポイントよりも楽天ポイントのほうがポイントが集中して貯めやすいのもメリットですね。

サンドラッグで効率的にポイントを貯める方法

エコポイントは必ずもらう

ポイントを貯めるなら、毎回レジ袋不要で買い物しましょう。

サンドラッグで買い物するたびに、エコポイントが1ポイントずつ貯まります。

  • 常にリュックやカバンを持つ癖をつける
  • 水や酒などの重たいものを買うときは入り口付近に駐車

アプリで情報収集

ポイントを集めるのも大事ですが、そもそも安く買い物するのも大事です。

サンドラッグの情報収集はアプリでやりましょう。

  • お店のチラシ
  • よく使う店舗からのお知らせ通知
  • クーポンの発行
  • 店舗の検索
  • ポイントカード代わりの会員証

ポイント倍デー

サンドラッグでは、「ポイント倍デー」というポイントアップイベントを開催しています。

まとめ買いや単価が高い化粧品を買うと、ポイントが一気に貯められます。

10倍、5倍、3倍と、倍率がいろいろあるので、アプリや店内での告知を見逃さないようにしたいですね。

支払方法を工夫しなくても、ポイント倍デーを狙うだけでも、結構ポイントは貯められます。

カード払い(どのカードでも)

サンドラッグでは、全店舗でクレジットカード決済が可能です。

  • 3000円未満・・・サインレス
  • 3000円以上・・・サイン必要

日用品をこまめに買うためにサンドラッグに行く人が多いと思うので、サインレスで決済できるのは楽でいいですよね。

また、貯まるポイントはカードによって違いますが、だいたい0.5-1%くらいポイントが貯まります。

もし、日常の買い物のほとんどがサンドラッグなら、サンドラッグカードを持つのがお得です。

電子マネー

サンドラッグでは、電子マネーに対応しています。(我が家の近所の店舗だけですかね???)

電子マネー+現金ポイントカードの組み合わせの場合、電子マネーへのチャージや利用でポイントを上手に貯めていきたいですね。

基本的なポイント還元率を気にせず、キャンペーンを利用して、ガツンと楽天ポイントを貯めるのがオススメです。

商品券

サンドラッグでは、VISAやJCBなどのギフト券を使った支払いも可能です。

ギフトカードを安く手に入れることができれば、現金払いよりも安く買い物したのと同じことになります。

結局どの方法がいい?

いろんな工夫がありますが、結局のところ、ポイントを貯める効率的な方法は絞り込んで2つです。

日用品のほとんどをサンドラッグで買う人

サンドラッグが家の近くで、支出の大部分がサンドラッグなら、サンドラッグクレジットポイントカードを作るべきです。

  • 1回に1P・・・エコポイント
  • 200円で5P・・・サンドラッグカード

基本ポイント1%、カード加算1%、ラブリーポイント0.5%なので、計2.5%のポイント獲得です。

サンドラッグが多いけど、他でも買い物する人

サンドラッグしか使わない人は少数派で、スーパーやコンビニも使う人のほうが圧倒的に多いはずです。

サンドラッグカードは、サンドラッグだと還元率2.5%ですが、それ以外だと0.5%。

いろんなところで買い物するには、0.5%のポイント還元率は低いです。

どこで買い物しても最低1%以上の楽天カードを使うほうが利用価値は高いと思います。キャンペーンでポイントアップも多いです。

サンドラッグで効率的にポイントを貯める、まとめ

サンドラッグでは、通常は1%のポイント付与率ですが、イベントやエコバッグやカード払いを組み合わせることでポイントが効率的に貯まります。